本文へ移動

赤城神社について

赤城神社の歴史

赤城神社
赤城神社
神社名
国定赤城神社
所在地
〒379-2221 群馬県伊勢崎市国定町2丁目1528
電話番号
0270-62-2296
FAX番号
0270-63-0128
授与所・御朱印受付時間午前9時から午後4時まで *季節により、開門時間が異なります。
御由緒後鳥羽天皇時に、源頼朝の家臣である安達藤九朗(あだちとうくろう)が上野国(現在の群馬県)の守護となり、御祭神の功績を尊んで社殿を創建したのが始まりである。鎌倉後期の花園天皇の時代文保3年(1319年)、正親町天皇(おおぎまちてんのう)の時代である永禄年間(1558~1570年)国定越中守が安隠祈願のため、社殿を改修した。その後、北条氏の祈願をしていたが安土桃山・江戸初期の後陽成天皇(ごようせいてんのう)の時代天正18年(1580年)に北条氏が滅亡し、領主が帰農して以来現在の郷土鎮守社となって、中御門天皇(なかみかどてんのう)の享保年間(1716~1736年)酒井雅楽頭(さかいうたのかみ)の幣帛を納めた。 明治6年(1873年)、国定赤城神社は村社となり、同じく明治42年(1909年)12月には菅原神社、稲荷神社、富士神社などの境内末社18社を合祀する。そして昭和4年(1929年)4月5日より現在の場所へ移転改築した。以前は群馬県伊勢崎市立あずま北小学校の裏の道路に鎮座しており、現在その場所には大黒天と呼ばれる石が置かれている。平成17年(2008年)移築遷座75周年を記念して社殿改修が行われた。
宗教法人
國定赤城神社
〒379-2221
群馬県伊勢崎市国定町2丁目1528
TEL.0270-62-2296
FAX.0270-63-0128
0
1
0
0
3
1
TOPへ戻る