本文へ移動

赤城のしおり

ブログ

紫陽花が開花しました

2020-05-29
 
いつもお世話になります。
当社・國定赤城神社のホームページをご覧頂きありがとうございます。
 
 
つい昨日、神社にいる野生の鷹の親子でしょうか、三羽揃って真っ青な空を旋回して飛んでいました。
一般的に鷹の巣立ちは六月頃と言われておりますので、もうすぐになるかと思ます。
 
境内の上空を旋回する姿はとても優雅で心安らぐものでしたので、鷹を見られなくなってしまうのは少し寂しいような気持ちです。
神社に鷹が来ているのは初めてだったので、神様がご縁を繋いでくれたものなのかとおもいます。
 
※こちらの写真は先日撮影したものです。 目線がこちらを見ているように感じました
 
 
そして境内の紫陽花が咲き始めてきました*
 
まず 摂社「天満宮」の裏・ガクアジサイが開花して、 他の紫陽花も日に日に色を付け始めております。
 
さてご存じの方も多くいらっしゃるかと思いますが、  日本古来の紫陽花を 『ガクアジサイ』・ 丸い形の紫陽花を 『セイヨウアジサイ』 と呼ばれています。
 
また紫陽花の花の色は土の成分によって色が変わってきます。 酸性が多いと青色に、アルカリ性が多いと赤色になります。 日本の土壌は酸性土壌と言われているので、 当社でも赤色になるよう紫陽花の種類によって土や肥料を与えたりしております。
 
もうすぐ梅雨の時期に入りますね。 最近はカラッとした日々が続いているので、紫陽花もこのまま無事に咲いてくれると思います。 開花のピークは恐らく6月に入ってからだと思います。
 
また開花状況は随時こちらのブログにてお知らせいたします。
 
 
*下の四枚目の写真は社殿裏の木に鷹が隠れております*
宗教法人
國定赤城神社
〒379-2221
群馬県伊勢崎市国定町2丁目1528
TEL.0270-62-2296
FAX.0270-63-0128
0
2
4
0
2
0
TOPへ戻る